成功率の高さから人気の自毛植毛の方法を比較してみよう

Flocked hair

自毛植毛のFUT法とFUE法を比較

自毛植毛は薄毛になっている部分に自分の髪の毛を採取して移植する方法でメスを使用するFUT法とメスを使用しないFUE法の2種類に分類されます。そこでFUT法とFUE法を比較をしていく事にしましょう。
【FUE法の方が傷跡が目立たない】自毛植毛をする時にメスを使用するFUT法を選択すると頭皮を切開するので手術後に後頭部に細い線のような傷跡が残ってしまいます。しかしメスを使用しないFUE法を選択すると後頭部に白い斑点が残る程度なのであまり目立ちません。手術後に傷跡が目立たないように自毛植毛をする時はFUE法の方が適しています。
【範囲が広い時はFUT法にする必要がある】自毛植毛をする時にFUE法を選択するとメスで頭皮を切開しないので傷跡が目立たないのがメリットになります。しかし薄毛になっている範囲が広いとFUE法では対応する事が出来ない可能性が高いです。範囲が広い時はFUT法にする必要があるので症状を見ながらどちらの方法にするのか選択する事になります。
【FUT法の方が副作用が出やすい】自毛植毛をする時にFUT法を選択すると頭皮を切開するので手術後に腫れる副作用が出てしまう事があります。特に頭皮トラブルが起こりやすい人は副作用が出る可能性が高いです。副作用が心配な人はFUE法を選択して自毛植毛をした方がいいです。

コンテンツ

TOP